とにかく痒い!首のイボにおすすめのクリームとは

首にイボができて、痒かったり違和感があったりして困っている人は少なくありません。
30歳を過ぎると、かなりの数の女性が首のイボに悩まされます。
若い女性でも、体質によって首にイボができることはありますが、数は多くありません。
首のイボは、ウイルス性のイボとは違うので、それほど心配するものではありません。
しかし、とても目立つため、早めに治療をしたいと考える人が多いのです。
首のイボの取り方は自宅でできるケアというと、精油を使ったケアです。
特に有名なのが、ティーツリーオイルです。
ティーツリーオイルは、抗菌作用、抗真菌作用、免疫促進作用、抗炎症作用など、様々な作用があります。
虫刺されやイボ、ヘルペスの緩和効果も期待でき、肌が痒い場合も使うことができます。
肌が痒いと、イライラしたりして、夜眠れないこともあります。
ティーツリーオイルは、肌に対する刺激が少ない精油なので、安心して使うことができます。
痒いところに塗布すると、痒い症状が自然に治まることが多いです。
首のイボに使う場合は、綿棒に付けて、イボに付けます。
ホホバオイルやオリーブオイルにティーツリーオイルを混ぜて使うこともできます。
昔からイボに効果的だと言われている杏仁オイルも、評判が高いオイルのひとつです。
ホホバオイルも、オリーブオイルも杏仁オイルも、保湿効果が高く、肌の乾燥を防ぐことができます。
最近は、ティーツリーと保湿成分、美白成分を配合した美容クリームも販売されています。
ティーツリーと保湿成分が配合されているクリームは、肌を清潔に保ち、潤いを与えてくれるので、女性にも男性にも人気があります。